最近のローコスト住宅は品質もなかなかいい

ローコスト住宅と聞くと、安くて品質が悪いというネガティブなイメージを抱く方がいるかもしれません。最近のローコストハウスメーカーはコスト削減と同時に品質面でも力を入れており、中には高品質のローコスト住宅を売りにしている会社もあります。

ローコスト住宅の建築コストを下げるためにはいくつかの方法があり、一般的な注文住宅と比較すると品質面や設計の自由度などの面で妥協しなければならない点もあるかもしれません。それでもハウスメーカーが行っているコストカットの方法の中には材料のグレードを下げずに別の方法で費用を抑えている場合もあるので、価格が抑えられていても高品質の住宅を購入することも可能です。

高品質のローコストハウスメーカーを見分けるためのポイントは、メーカーがコストカットのために行っていることの内容をチェックすることです。ハウスメーカーの中にはコストを下げるために基本設計や間取りを規格化したり広告宣伝費を節約するなどして、住宅の品質とは関係のない費用を抑えているケースも少なくありません。基本構造や間取りを規格化することで費用を抑えつつ、グレードの高い内装材を多く使用することで“高級住宅”に仕上げられるローコスト住宅もあるほどです。ローコスト住宅メーカーでも営業マンの教育に力を入れている会社も増えており、予算や間取り・仕様などでユーザーの要求を設計に反映してもらうことも可能です。

ローコスト住宅はコストカットのために何らかの方法で余分な費用を節約しており、場合によっては間取りの自由度が低かったりオプション選択の幅が少ないといったことがあります。一般的な注文住宅と比べると何らかの妥協点が存在する可能性があるものの、建売住宅のように自由度が全く無いという訳ではありません。ローコスト住宅でも間取りのパターンや内装材を選択することが可能ですし、限られた予算に収めるように工夫をすることもできます。ローコストゆえに生じる制約が気にならない方であれば、価格が安くて満足できる住宅を手に入れることができることになるのでかなりお得です。

これから注文住宅の購入を予定していてハウスメーカーを選んでいる段階の方であれば、ローコスト住宅メーカーも候補に加えてみることをおすすめします。品質面や営業マンの顧客対応などで不安に感じる方は、住宅展示場でモデルハウス見学に参加して実物に触れて確認をすることができるでしょう。

関連記事
noimg
トヨタホームの坪単価は?
noimg
アイフルホームも実はローコスト住宅がある!
ローコスト住宅
アイダ設計のローコスト住宅について
noimg
ロビンスジャパンの評判と口コミはどんな感じ?
男性が家を持っている様子
ローコストハウスメーカーをおすすめする理由