モデルハウス見学のポイントと手順

注文住宅を購入する場合は土地の選定と同時に工事を依頼するハウスメーカー選びをしますが、会社の特徴やコストなどの情報を収集するためにモデルハウス見学をする必要があります。モデルハウスの見学会では来場者向けに豪華な景品が当たる抽選会や子供も楽しめるイベントが開催されることがあるので、休日に家族で訪問できるでしょう。

モデルハウス見学では住宅の外壁・屋根や内装材のデザイン・色・室内の雰囲気といった見た目に注意が向きがちですが、これらのものはある程度自由に選ぶことが可能です。見た目だけではなくて、住宅の使い勝手や安全性についてをしっかりチェックするようにしましょう。

住宅展示場を訪問した際に最初に見ておきたいポイントは、ハウスメーカーの特徴・省エネ性能・耐震性や強度・間取りや設備の機能性、などが挙げられます。ハウスメーカーは会社ごとに異なる特徴があるので、他社と比べた場合の強みや弱みなどをきちんと理解した上で選定することが大切です。断熱性・機密性や省エネ性能は表面上は見ることができませんが、実際に家を建てて住んでみると快適性や冷暖房費に大きな影響を及ぼすことがあります。

日本はどこに住んでいても大地震の被害に見舞われる恐れがありますし、台風で強風の被害を受けることも珍しくありません。住宅は自然災害から身を守るという大切な役割を果たしているので、強度についてもしっかりとチェックしておきましょう。

住宅は普段の生活を便利にするための道具なので、間取りや各種設備(トイレ・バス・キッチン・収納スペースなど)の使い勝手を考慮して設計をする必要があります。モデルハウスでは実物に触れることができるので、実際に歩いたり触れたりして使い勝手を確認するようにしましょう。

モデルハウス見学の手順ですが、できればインターネットなどで予約をしてから住宅展示場に訪問するようにしましょう。到着したら受付で用紙に記入しますが、アンケートなどがあればきちんと回答して提出することがポイントです。来場者に対して実施されるアンケートは会社のスタッフが住宅購入の本気度を見るための指標で、きちんと回答して提出することで時間をかけて分かりやすく説明をしてもらえます。

モデルハウスでスタッフから一通りの説明を受けて実物を見たら、最後に質問をするなどして営業マンの対応方法をチェックするようにしましょう。営業担当者と会話をすることでハウスメーカーの顧客対応の能力を知ることができますし、設計段階でユーザーの要望や希望を聞いてくれる会社かどうかが確認できるからです。複数のハウスメーカーの住宅展示場を訪問して営業マンに同じ質問をして反応を見ると、それぞれの会社の顧客対応力を比較することができるでしょう。

関連記事
noimg
トヨタホームの坪単価は?
男性が家を持っている様子
ローコストハウスメーカーをおすすめする理由
ローコスト住宅
アキュラホームのローコスト住宅特徴は
noimg
アイフルホームも実はローコスト住宅がある!
ローコスト住宅
アイダ設計のローコスト住宅について