アキュラホームのローコスト住宅特徴は

ローコスト住宅

アキュラホームは1981年に設立された東京に本社を置くハウスメーカーで、木造のローコスト住宅を手がけている会社のひとつです。関東地方にお住まいの方であれば、テレビのCMなどを通してアキュラホームのことをご存知の方も多いかもしれません。アキュラホームが手がける住宅の基本構造は一般的な木造住宅に多く見られる木造軸組みが採用されており、坪単価は40~50万円なのでローコスト住宅の中でも価格が低く抑えられているといえます。現在は多くのハウスメーカーがローコスト住宅の建築・販売を手がけていますが、アキュラホームはローコストハウスメーカーの先駆け的な存在です。長い期間をかけて住宅の建築費用を安く抑えるノウハウを蓄積しているので、限られた予算でも高品質の注文住宅を建てることができるという特徴があります。

アキュラホームでは住宅の価格を下げる目的でジャーブネットと呼ばれる工務店ネットワークを主宰しており、建築資材を大量購入することで効率的にコストを抑えて高品質なローコスト住宅を実現しています。一般的にローコスト住宅は設計コストを下げるために間取りの自由度が低いケースも少なくありませんが、アキュラホームではかなり自由に住宅の間取りが変えられるという特徴もあります。間取りの自由度が高い秘密は、構造体の外周と内装部分を別々に作るS&I(スケルトン&インフィル)技術や、建築後に仕切り壁の位置が変更できるライフサイクルウォールが採用されていることによります。これらの技術によってローコストでも建物内の間取りを比較的自由に設計することが可能になり、その気になればオリジナルの間取りの住宅を建てることができます。

インターネット上の口コミサイトを見ると、実際にアキュラホームでローコスト住宅を購入したユーザーによる評判・意見や感想などが多く寄せられています。好意的な意見では、設計の段階で要望を伝えたら意見を最大限に反映してもらえた・リビングが広くて快適・大きな収納スペースが確保されているので便利、といった感想が見られました。ほかにも、限られた予算内でZEH(ゼッチ)住宅が購入できた・低コストで二世帯住宅を建てることができた、といった意見も見られます。アキュラホームの住宅は建物内の間取りや物置などの配置パターンの自由度が高いので、建築費用を安く抑えつつ広い部屋を作ったり収納場所を多く確保したい方におすすめといえます。

関連記事
noimg
アイフルホームも実はローコスト住宅がある!
ローコスト住宅
アイダ設計のローコスト住宅について
男性が家を持っている様子
ローコストハウスメーカーをおすすめする理由